Home > 開発者ブログ > intra-mart > intra-mart標準プログラムのカスタマイズについて

intra-mart標準プログラムのカスタマイズについて

 

intra-mart開発において少し手の込んだことをしようとすると、
標準プログラムのカスタマイズが必要になる場合があります。
今回は、intra-mart標準プログラムのカスタマイズについてまとめます。

 

※下記内容はVersin7.2、旧WF環境で作業した際のものとなるため、
  バージョンの異なる環境では下記の通りでは御座いません。

img

 

【各カスタマイズプログラムの配置先】

intra-martはJavaScript、Java、JSPのプログラムが混在していますが、
カスタマイズプログラムのソースコードについても、元のプログラムの種類に合わせて
適切なパスに配置する必要があります。

 

●JavaScript
 imart/pages/src/system配下に、imart/pages/system内のカスタマイズ対象のファイルと同階層に配置。インストール直後はsystemフォルダが存在しないため、自分で作成する。

 

●JSP
 imart/doc 配下のjspファイルを直接編集する。

 

●Java
 imart/doc/WEB-INF/classes/配下に、パッケージと同階層のパスに配置。

 

JavaScriptおよびJavaは、ユーザ作成プログラムのパス内に
システムプログラムと同階層で配置すると、そちらが優先して使用されます。
JSPについては、優先されるプログラムパスがないため、元のシステムファイルを直接編集するのがポイントになります。

 


【intra-mart標準プログラムのカスタマイズ】

JSPやJavaScriptはコンパイルされていないため直接編集すれば良いですが、
Javaについてはintra-martインストール環境にjarファイルまたはクラスファイルのみが配置されているため、
元のソースコードを別途取得する必要があります。
ソースコードはイントラマートのダウンロードページにてほぼ全ソースが公開されているため、
そちらを利用します。

 

http://www.intra-mart.jp/download/product/index_v72.html
IM-Workflow Ver.7.2 公開ソース等

 


基本的なカスタマイズについては、以上の作業で対応出来ます。

 

2014年02月24日(月)

テレマーケティングシステムsakuraトライアル

コールセンターシステム sakuraCTI

資料請求

お問合わせ

コラム

用語集

開発者ブログ

イントラマート

Sakuraテレマーケティングシステム

 

 

営業リスト

インフラソリューションのご案内

導入事例

テレアポノウハウ本プレゼントキャンペーン

認証マーク

アースリンクは
プライバシーマークを
取得しています。

プライバシーポリシー


SSLとは?

当サイトでは、実在性の証明とプライバシー 保護のためSSLサーバ証明書を使用しSSL 暗号化通信を実現しています。

このページの先頭へ