Home > 開発者ブログ > intra-mart > SQLでの改行文字の使い方

SQLでの改行文字の使い方

 

1

 

 先日、改行文字付きのデータを作成する必要があり、ちょっと調べてみました。 調べて判ったことは、
よく改行文字として使われる”\n”や”\r\n”では駄目であるということ。
改行文字付きのデータを作成する場合は、CR LF のアスキーコードを使用するということでした。

 

例文としてはこんな感じになります。

 

■実行SQL

UPDATE SAMPLE_TABLE SET 
 DATA_A = 'データA' || CHR(13) || CHR(10) || 'データB'

 

今回の例文はOracleでの場合ですが、SQL Server, MySQLの場合は『CHAR(13) || CHAR(10)』で
改行文字を 表す必要があるのでご注意を。

2014年11月06日(木)

テレマーケティングシステムsakuraトライアル

コールセンターシステム sakuraCTI

資料請求

お問合わせ

コラム

用語集

開発者ブログ

イントラマート

Sakuraテレマーケティングシステム

 

 

営業リスト

インフラソリューションのご案内

導入事例

テレアポノウハウ本プレゼントキャンペーン

認証マーク

アースリンクは
プライバシーマークを
取得しています。

プライバシーポリシー


SSLとは?

当サイトでは、実在性の証明とプライバシー 保護のためSSLサーバ証明書を使用しSSL 暗号化通信を実現しています。

このページの先頭へ