Home > 開発者ブログ > intra-mart > 【intra-mart 開発】Seasar2 のサポート終了に伴う、intra-mart製品の見解について

【intra-mart 開発】Seasar2 のサポート終了に伴う、intra-mart製品の見解について

 

狛犬

Seasar2 のサポートが、2016/9/26 にて終了するアナウンスがありました。 ※1
intra-mart製品に関わる開発者の皆様は、当然の如くSastruts+S2JDBC FWを
利用して、設計・開発に携わっていたかと思いますが
その後の製品スタンスとしては、どうなっていくのか気になるところです。
intra-mart製品の方針については、FAQサイトにて、以下の通り記載されています。

 

intra-mart上では、現行通り、SAStruts+S2JDBC (Seasar2)を利用する事は可能です。
弊社テクニカルサポートセンターでの問合せ対応も引き続き可能です。
今後、intra-mart における新規Java開発は
TERASOLUNA Ver5(SpringMVC等のJavaフレームワーク群) が推奨となります。

↑intra-mart FAQサイトより抜粋

 

※1:
2015.9.26(土) のSeasar Conferenceにて発表。

 

製品方針としては上記のとおりとなりますので、とりあえず一安心ですが
以後、intra-mart製品にて、新規案件の設計・開発に携わるSIerの皆様は
TERASOLUNA Ver5を前提指針として検討することも頭に入れておく必要がありそうです。

2015年11月18日(水)

テレマーケティングシステムsakuraトライアル

コールセンターシステム sakuraCTI

資料請求

お問合わせ

コラム

用語集

開発者ブログ

イントラマート

Sakuraテレマーケティングシステム

 

 

営業リスト

インフラソリューションのご案内

導入事例

テレアポノウハウ本プレゼントキャンペーン

認証マーク

アースリンクは
プライバシーマークを
取得しています。

プライバシーポリシー


SSLとは?

当サイトでは、実在性の証明とプライバシー 保護のためSSLサーバ証明書を使用しSSL 暗号化通信を実現しています。

このページの先頭へ