Home > 開発者ブログ > intra-mart > 【IM-Juggling】ユーザモジュール組込み時の注意点

【IM-Juggling】ユーザモジュール組込み時の注意点

 

ユーザモジュール格納先

 

今回の内容は、IM-Jugglingの問合せ事例にて、複数お問合せ頂いたケースの紹介になります。
対象製品は以下の環境が該当しますので、参考として頂ければと思います。

 

・intra-mart IM-Juggling

 

○問合せ内容の事例
 ・ e Builder for Accel Platformにて作成したユーザモジュールを
  IM-Jugglingにて取込み、warファイルを作成した。
 ・warファイルデプロイ後、ユーザモジュールにて同梱した各種資材の展開先を確認したが
  ユーザモジュールにて作成している各種設定ファイルの内容が、反映されていない。
  デプロイ後、ユーザモジュール設定が反映されていないファイルの例)
  ・/WEB-INF/conf/配下の各種xmlファイル
  ・/WEB-INF/classes/配下の各種設定ファイル(dicon設定等)

 

○回答内容
IM Jugglingプロジェクト内とe Builderモジュールプロジェクト内で
同様の設定ファイルが存在している場合は、warファイルデプロイ時には
IM Jugglingプロジェクト管理側のファイルが適用されます。
つまり、開発プロジェクト上で追加していた当該ファイルが
Jugglingプロジェクト上のファイルで上書きされますので
上記のようなケースの場合、実質的にe Builder上の設定ファイル情報が
除外されることになります。

回避方法としては、以下のどちらかを実施する必要があります。
 ・ユーザモジュールに組込みしている該当ファイルを、予めIM-Juggling上の該当プロジェクトへコピーしておく
 ・IM-Juggling上の該当ファイルを、予め削除しておく

 

※:ユーザモジュール作成時のプロジェクト構成に関しましては、以下の製品URLより御確認下さい。
・intra-mart e Builder for Accel Platform / アプリケーション開発ガイド

2015年10月30日(金)

テレマーケティングシステムsakuraトライアル

コールセンターシステム sakuraCTI

資料請求

お問合わせ

コラム

用語集

開発者ブログ

イントラマート

Sakuraテレマーケティングシステム

 

 

営業リスト

インフラソリューションのご案内

導入事例

テレアポノウハウ本プレゼントキャンペーン

認証マーク

アースリンクは
プライバシーマークを
取得しています。

プライバシーポリシー


SSLとは?

当サイトでは、実在性の証明とプライバシー 保護のためSSLサーバ証明書を使用しSSL 暗号化通信を実現しています。

このページの先頭へ