Engineer Blog開発者ブログ

2017.11.2

JavaでActiveDirectory検索を行う(AD認証)

 

JavaでActiveDirectory検索を行う(AD認証)

JNDIを利用し、ActiveDirectoryへアクセスする。


JNDIを利用し、ActiveDirectoryへアクセスしユーザ認証を行う方法を紹介します。

※参考資料

   https://www.intra-mart.jp/document/library/iap/public/im_certification/im_certification_programming_guide/texts/example/index.html

 

上記のサンプルをより汎用的に改良しました。


■JNDIとは
 Java Naming and Directory Interfaceの略で、ネームサービスやディレクトリーサービスにアクセスする方法

 ActiveDirectoryも「ディレクトリサービス」となります。

 ActiveDirectoryとは、ユーザー、組織やグループ、コンピューター、プリンタ、共有フォルダなどの情報を管理します。

 今回はユーザをJavaを用いて検索する方法についてご紹介します。

 

■Javaでの実現方法

 Javaでディレクトリサービスを操作する場合は、以下を利用します。

 

  •  InitialDirContext

 

 Javaでディレクトリ操作を実行するためのAPIとなります。
 本コンテキストに接続情報、ユーザ情報などを設定するだけで簡単にアクセスが可能となります。


■サンプルコード

	/**
	 * LDAP 認証サーバに認証を依頼します。
	 */
	public static void main(String args[]) {
		String userId = "test_user";
		final String baseDn = "CN=Users,DC=test,DC=local";
		final String providerUrl = "ldap://XXXXX.aaa.local";
		Hashtable<String, String> env = new Hashtable<String, String>();
		// Contextファクトリ
		env.put(Context.INITIAL_CONTEXT_FACTORY, "com.sun.jndi.ldap.LdapCtxFactory");
		// AD接続先URL
		env.put(Context.PROVIDER_URL, providerUrl);
		// セキュリティレベル
		env.put(Context.SECURITY_AUTHENTICATION, "simple");
		// ユーザID+ドメイン
		env.put(Context.SECURITY_PRINCIPAL, "admin" + "@" + "test.local");
		// パスワード
		env.put(Context.SECURITY_CREDENTIALS, "adminp@ss");
		DirContext dirContext = null;
		try {
			// 検索するための設定を取得します。
			dirContext = new InitialDirContext(env);
			// 検索範囲の指定
			SearchControls searchControls = new SearchControls();
			searchControls.setSearchScope(SearchControls.SUBTREE_SCOPE);
			// 検索フィルタにユーザコードを設定します。
			String filter = "cn=";
			// LDAP でユーザの検索を実行します。
			NamingEnumeration<SearchResult> searchResult =
					dirContext.search(baseDn, filter + userId, searchControls);
			// 検索結果が存在するかを判定します。
			if (searchResult.hasMoreElements()) {
				SearchResult sr = (SearchResult) searchResult.nextElement();
				// ユーザの検索結果を基にパスワードの検証を行う
				// パスワードを認証情報として LDAP サーバに認証を依頼します。
				String userName = sr.getName();
				String password = "user_p@ss";
				env.put(Context.SECURITY_PRINCIPAL, userName + "," + baseDn);
				env.put(Context.SECURITY_CREDENTIALS, password);
				dirContext = new InitialDirContext(env);
				// ここまで来たら LDAP 認証成功したこととします。
				System.out.println("CertificationStatus.CR_OK");
				return;
			} else {
				System.out.println("ユーザが存在しません. ユーザ名:" + userId);
				return;
			}
		} catch (NamingException e) {
			// ユーザ検索、パスワードの検証に失敗した場合
			System.out.println("ユーザ検索、パスワードの検証に失敗");
			e.printStackTrace();
		} catch (Exception e) {
			// その他例外が発生した場合
			e.printStackTrace();
		} finally {
			try {
				dirContext.close();
			} catch (NamingException e) {
				e.printStackTrace();
			}
		}
	}

 

■注意点

 上記サンプルでは、「ldap://XXXXX.test.local」のようにSSL通信ではない形式で指定しています。

 セキュリティの観点から、必ず「ldaps」を利用する事をおすすめします。

 又、47行目のパスワードに空を指定した場合、匿名として認証が成功してしまう為、上記サンプルでは行っていませんが、事前に空チェックを行う必要がございます。

Contact
お問い合わせ

電話番号0120 - 889 - 236
受付時間:平日 9:00-18:00