Engineer Blog開発者ブログ

2014.8.7

IM-Workflow : メニューから申請画面を開く方法(iAP)

ビジネスソリューション部の小池です。
今回の内容は、IM-Workflow(iAP)のカスタマイズに関する記載です。

IM-Workflowの案件を起票(申請)する場合、通常だと申請書一覧から個別の申請を選択する流れになりますが
以下の手法により、メニューから特定の申請フローを直接呼出しすることが可能です。

 

IM-Workflow の申請画面は、以下のリクエストによって開くことが可能です。

リクエストパス:

 im_workflow/common/switch/switch_content

リクエストパラメータ:

パラメータ名 必須
imwFlowId 対象のフローID
imwApplyBaseDate 申請基準日(yyyy/MM/dd)
imwPageType ページ種別(0:申請)
imwAuthUserCode 権限者ユーザコード ×(省略時はログインユーザコード)
imwCallOriginalPagePath 戻り先ページパス ×(省略時は申請一覧)

※:
imwApplyBaseDate(申請基準日)は必須ですが、メニューの引数には動的に変わる値を設定することはできません。
そのため、メニューには SAStruts のアクションクラスのパスを設定し、申請基準日はそのアクションクラスの中で設定するようにします。

 

アクションクラスの実装例

20140702_1

 

・メニューは、以下のように登録します。(対象のフロー毎にメニューを作成)

20140702_2

Contact
お問い合わせ

電話番号0120 - 889 - 236
受付時間:平日 9:00-18:00