新着情報

Home > 新着情報

【導入事例 第2弾 Sakura×Salesforce】学習塾向け生徒管理・問合せ対応システム

 

皆さん、こんにちは!インプリ担当 毛玉の親分です!

 

 

気温が上がり、暖かい日が増えてきた今日この頃ですね。

親分も身に纏っていた毛玉を減らして、クールビズに励んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

↑きっと彼らは五月病の怖さを知らない。

 

さて!導入事例 第2弾です!

今回はこどもの日にちなんで、弊社製品Sakuraを使用した「学習塾向け生徒管理・問合せ対応システム」です。

 

SalesforceのSalesCloudと、弊社製品コールセンターシステムSakuraの合わせワザとなっているのが味噌です。

※コールセンターシステムSakuraに関しては こちら をご覧下さい。

 

今回ご紹介する事例は、学習塾B社様における生徒名簿、入会に関するお問い合わせ、体験講座の管理でしたが、

電話での問い合わせ対応を行う方は、必見のシステムです。

 

 

 

1.Salesforce/Sakura利用ユーザ

 

では早速、今回のシステムを利用するユーザ(登場人物)のご紹介です。

 

利用ユーザ ライセンス種類

人数

経営層・コールセンター(本部) Salesforce SalesCloud 3
SakuraCTI
Sakuraアウトバウンド
講師・事務員(各教室)

Employee Apps and Community

16
SakuraCTI


 

ポイントとしては、

 

・本部と各教室での情報共有を目的としている

・使用する機能によってライセンスの種類は変わるため、必ずしも全ユーザを同じ金額の

 ライセンスにする必要はない

・教室にもSakuraCTIを導入することにより、本部-教室間、及び各教室間での内線通話が可能

 そのため、通話料無料!

 

というところです。

 

 

2.導入前の課題

 

B社様にはこんな課題がありました。

 

 

複数受講者を増やしたいが、コースごとに名簿を管理しているため、生徒ごとの入会状況を把握できず、そもそも現状の複数受講者数が分からず増やせない・・・ 生徒の情報と過去の問合せや体験申込の記録がバラバラで、問合せ対応や外部生へのフォローコールができていない・・・ 教室にも直接問合せが来るため、教室が管理している情報が分からない・・・

 

 

・教室とのやりとりをスムーズに行いたい

・情報の一元管理をしたい

 

というのが、導入の目的でした。

 

 

3.導入イメージ

 

■生徒情報の管理 ・内部生(既存生徒)の名簿や入会状況を管理 ・電話やWebで体験申込のあった外部生(見込生徒)の基本情報や体験記録を管理 ■インバウンド対応 体験申込や問合せに対応 ■アウトバウンド対応 体験申込のあった外部生へフォローコール

 

 

・生徒情報の一元管理

 →過去の問合せ、受講した体験講座、授業、入会状況をまるっと管理!

 →各教室でも同じ情報が見えているから、全社的に情報が統一化

 →受講に関する集計をレポート・ダッシュボードでらくらく集計

 

・問合せ対応と管理

 →SakuraCTIを使用して、PCと電話を連携!どの生徒からの問合せかが分かるので、対応もスムーズ

 

・外部生へのフォローコールとその記録

 →Sakuraアウトバウンドを利用して、過去に問合せのあった外部生(見込生徒)へ、季節講習やイベントの

  ご案内を電話にて実施。見込みのある外部生を漏らさずアタック!

 

※CTI利用のイメージ写真です。

 

 

その結果・・・

 

 

4.導入後の業務改善

生徒ごとの入会状況が把握できるようになり、複数受講のためのアプローチが可能に! 生徒に関する情報が一元化!問合せの対応もスムーズになり作業効率アップ!外部生へのフォローコールも行えるようになり、新規生徒の獲得へ! 各教室と相互に情報共有が可能に!教室での対応が見えるようになった!教室間での電話代に月10万円以上かかっていたのが0円に!

 

 

各教室とChatter(Salesforce標準のチャットツール)で気軽にやりとりできるようになったのも、

情報共有化の促進につながったようです。

 

 

5.最後に・・・

 

とにかくデータが大事な昨今です。

 

「AI(人工知能)」なんてSFの世界の話でしょ?なんて高を括っていたら、数年前から徐々に

現実味を帯び始め、昨年には流行語大賞にノミネートされるほど、私たちの生活に浸透してきました。

 

きっと私たちの日常にAIが当たり前になるのも、そう遠くない未来かもしれません。

 

そんなAIは、魔法使いではありません。

彼らは数多ある、溢れるデータを元に思考し、結論を出します。

 

AIが注目されている今、いかに有益なデータを多く保有するか、ということが問われていると、私は考えます。

 

そのために、システム化できていないものをシステム化し、データを正しく保持することが大切だと思います。

 

今回ご紹介した企業様はその一歩を踏み出した企業様です。

皆様の中にも、その一歩を踏み出しかねている方がいらっしゃれば、弊社でそのお手伝いをいたします。

 

何かご相談があれば0120-889-236)へご相談ください。

 

 

今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

2017年05月23日(火)

JQueryプラグインのTablesorterが上手く動作しない場合

 

 

HTMLのテーブルでソートを行いたい場合、JQueryプラグインの「tablesorter」を利用するかと思います。

 

使用例:

$(function() {
    $("#uriage_list").tablesorter({
    });
});

 

しかし、テーブルのデータを書き換えたりした場合にソート処理が上手く動作しない事があります。

 

以下の2行を追加してtablesorterが内部で使用している「リセット」「更新」処理を意図的に反映させる事により、

テーブルを再構築した場合でもソートが無効にならずにすみます。

※但し公式なやり方ではないので、利用する際は注意願います。

$(function() {
    $("#uriage_list").tablesorter({
    });

    $('#uriage_list').trigger('sortReset');
    $('#uriage_list').trigger('updateAll');
});

 

2017年05月19日(金)

SQLServerの共通テーブル式(CTE)を使用した再帰SQLでパスなどの階層情報を組み立てる(フォルダパス、パンくず)

 

 

 

~~ SQLServerの再帰クエリ(CTE)を利用し、カラムデータを再帰的に取得する方法について ~~

 

例えば、以下の様な1カラムのデータを連結したレコードを1度のクエリ発行で取得する方法について紹介します。

 

             アースリンク/管理部/2016年度_資料

 

【データ準備】

●テーブル情報

 テーブルに以下のレコードを作成します。

id parentId name
1 ​(NULL)​ アースリンク
2 1 管理部
3 1 BS部
4 2 2013年度_資料
5 2 2014年度_資料
6 2 2015年度_資料
7 2 2013年度_資料
8 3 2014年度_資料
9 3 2015年度_資料
10 3 2013年度_資料
11 3 2014年度_資料

 

●階層情報の「パス」を組み立てる再帰SQL

WITH cte_path(id, parentId, layerLevel, path) AS ( 
  SELECT
    id, 
    parentId, 
    1 AS layer_level, 
    CAST(name AS nvarchar(MAX)) AS path 
  FROM
    test_table 
  WHERE
    parentId IS NULL 

  UNION ALL 
  SELECT
    test.id AS id, 
    test.parentId AS oya_id, 
    cte.layerLevel + 1 AS layerLevel, 
    cte.path + N'/' + test.name AS path 
  FROM
    test_table test 
    INNER JOIN cte_path cte 
      ON test.parentId = cte.id
) 
SELECT
  * 
FROM
  cte_path

●実行結果

id parentId layerLevel path
1 ​(NULL)​ 1 アースリンク
2 1 2 アースリンク/管理部
3 1 2 アースリンク/BS部
8 3 3 アースリンク/BS部/2014年度_資料
9 3 3 アースリンク/BS部/2015年度_資料
10 3 3 アースリンク/BS部/2013年度_資料
11 3 3 アースリンク/BS部/2014年度_資料
4 2 3 アースリンク/管理部/2013年度_資料
5 2 3 アースリンク/管理部/2014年度_資料
6 2 3 アースリンク/管理部/2015年度_資料
7 2 3 アースリンク/管理部/2013年度_資料

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、共通テーブル式(CTE)を用いて再帰的にSQLを実行する事により得られる結果となります。

 

更に、「管理部」で絞り込みたい場合、

 

●以下の様にキー情報を追加します(busho_cd)

id parentId name busho_cd
1 ​(NULL)​ アースリンク ​(NULL)​
2 1 管理部 001
3 1 BS部 002
4 2 2013年度_資料 001
5 2 2014年度_資料 001
6 2 2015年度_資料 001
7 2 2013年度_資料 002
8 3 2014年度_資料 002
9 3 2015年度_資料 002
10 3 2013年度_資料 002
11 3 2014年度_資料 002

 

●SQLにキー情報のカラムを追加します。

 busho_cdを追加

WITH cte_path(id, parentId, layerLevel, path, busho_cd) AS ( 
  SELECT
    id, 
    parentId, 
    1 AS layer_level, 
    CAST(name AS nvarchar(MAX)) AS path,
    busho_cd
  FROM
    test_table 
  WHERE
    parentId IS NULL 

  UNION ALL 
  SELECT
    test.id AS id, 
    test.parentId AS oya_id, 
    cte.layerLevel + 1 AS layerLevel, 
    cte.path + N'/' + test.name AS path,
    test.busho_cd
  FROM
    test_table test 
    INNER JOIN cte_path cte 
      ON test.parentId = cte.id
      where test.busho_cd = '001'
) 
SELECT
  * 
FROM
  cte_path

 

●実行結果

id parentId layerLevel path busho_cd
1 ​(NULL)​ 1 アースリンク ​(NULL)​
2 1 2 アースリンク/管理部 001
4 2 3 アースリンク/管理部/2013年度_資料 001
5 2 3 アースリンク/管理部/2014年度_資料 001
6 2 3 アースリンク/管理部/2015年度_資料 001

 

 

 

注意点としては、階層を結合する際に使用するキー情報(Id,parentId)で絞り込んでしまうと

上手く階層が作成されなくなってしまいます。

 

Java等でSQL実行結果を再帰的に処理して同様の結果を得ようとすると意外に大変かと思われます。

但し、それはパフォーマンスやレコード数が少ない場合に限られます。

レコード数が数千を超えたり、ある特殊な条件で階層の組み立てを絞り込みたい場合は、上記SQLを工夫する必要があります。

 

2017年05月19日(金)

【intra-mart】formaアプリのメニュー設定について -解決編-

 

嬉しい

こんにちは。

formaアプリのメニュー設定で失敗した際の解決方法が見つかったので、ご紹介。

 

まず、formaアプリのメニュー設定を間違って登録していると、ログイン画面よりログイン後に図1のような画面が表示されます。

 

■図1 エラー画面

エラー画面

 

 

この時、URLに以下の内容を設定することで、図2のようにメニュー画面が表示できます。

■URL

 [localhost]/imart/tenant/menu/settings?imui-theme-builder-module=headwithcontainer

 

■図2 メニュー画面

メニュー設定画面

 

URLの前半部分は、テナント管理者のメニュー設定画面のURL。

後半部分は、プルダウンメニューを非表示にするためのパラメータになります。

あとは、間違って登録したformaアプリのメニュー設定の内容を修正し、後半部分のパラメータを

URLより削除すれば、元に戻ります。

 

intra-martのテーブル構成を理解している方であれば、直接UPDATE文を実行するのも手ではありますが、

それはintra-martの構成を理解した上級者向け。

よほどの事がなければ、画面から通常通りに編集できるこちらの方がいいかと思います。

 

以上、それではまた!!!

 

 

2017年05月12日(金)

【intra-mart】formaアプリのメニュー設定について -失敗編-

 

注意喚起

こんにちは。

今回は、業務中に陥ってしまった失敗談をお届けしよう思います。

 

先日、formaアプリを使用した画面(アプリケーションID:sample-search)を作成し、

メニューに登録したのですが、下の図1のように画面が表示され、何もできなくなってしまいました。

 

■図1

エラー画面

 

エラーメッセージを見てみると、以下のように表示されていました。

 

javax.servlet.ServletException: jp.co.intra_mart.foundation.authz.services.ResourceNotFoundException: [E.IWP.AUTHZ.DECISION.10007] リソースグループが登録されていません。

URI = forma-service://forma/regist_application_view/sample-serch

 

原因は、メニュー登録した際に、formaアプリのアプリメーションIDを間違って登録したことにありました。

ただ、大変だったのはここからです。

intra-martのログイン画面は表示されるのですが、ログインすると図1の画面が表示されてしまい、

メニュー画面へ遷移するどころか、表示すら出来なかったのです。

どうも、プルダウンのメニュー部分にも影響を及ぼしていたようで、画面が全く表示できなくなってしまったのです。

 

私の場合は、DBのメニューテーブルを直接編集することで事なきを得ました。

皆さんも、formaアプリのメニュー設定をする場合は、十分にご注意を!!

2017年05月12日(金)

【導入事例 第1弾 Salesforce】太陽光事業者向け代理店システム

 

pexels-photo-327098

 

 

こんにちは、インプリ担当 毛玉の親分です!

導入事例第1弾!初投稿です!早速参りましょう!

 

 

今回ご紹介するのは、「太陽光事業者向け代理店システム」です。

"Salesforce Community Cloud通称「コミュニティ」という製品を使用した導入事例です。

Salesforceは未導入で、1から構築をサポートしました。

 

ちなみに、導入した企業様は太陽光事業A社様でしたが、業種問わず「代理店」をお持ちの

企業様でご検討頂けると思います。

 

 

1.Salesforce利用ユーザ

 

Salesforceを利用するユーザ(登場人物)は以下になります。

 

利用ユーザ Salesforceライセンス種類 人数
情報システム部門(システム管理者/社内   1
太陽光開発チーム(社内)

Employee Apps and Community

14
営業担当(社内)

Employee Apps and Community

10
代理販売店(社外)

Customer  Community

100

 

ポイントは、

 

・社外の人と情報共有ができる

社内と社外で共有したい情報を分けることができる

 

というところです。

 

 

2.導入前の課題

 

A社様にはこんな課題がありました。

 

代理店からの見積依頼(20~30件/日)がFAXで来るため、整理に時間がかかる・・・ 全依頼への対応状況が一括で把握できず、優先して行う案件や対応状況がうやむやに・・・ 代理店との進捗状況の共有は電話やメール。問い合せ対応に手間がかかる・・・

 

代理店とのやりとりがシステム化されておらず、効率化を図りたいというのが、導入の目的でした。

 

 

3.導入イメージ

 

太陽光事業者向け代理店システム 導入イメージ

 

 

・代理店からの見積依頼

・開発チームの案件管理

・代理店への進捗報告

 

上記3つをSalesforce上で行うことになりました。

その結果・・・

 

4.導入後の業務改善

 

整理の時間も手間もなくなり、スピードアップ! レポート・ダッシュボードの使用により、全依頼への対応状況が明らかに。スピーディかつ効率的な対応が可能に! 代理店との進捗状況の共有がスムーズ!問い合せ対応の手間が減り、作業効率アップ!

 

代理店とのやりとりのシステム化だけでなく、各部署間での案件状況がリアルタイムで共有できるように

なったことも作業効率アップにつながったようです。

 

 

5.最後に・・・

 

Salesforce Community Cloudを利用すれば、社内だけでなく、社外のユーザと情報を共有し、

新しいカタチで顧客とつながることができます。

 

もちろんSalesforceを未導入の方は、初期構築からサポートをいたします。

Salesforceを既に導入されている方でも、コミュニティのみ構築のサポートを

することが可能です。

 

特にCommunityの実装は、社内・社外での閲覧権限(セキュリティ)の設計が欠かせません。

その設計は、Salesforceに慣れた管理者様でも苦戦するほど。。。

 

未導入で興味がある!という方も、既に導入しているが設計できるか不安!という方も、

まずは弊社(0120-889-236)へご相談ください!

2017年05月08日(月)

ITのトレンド製品が掲載されているITトレンドにコールセンターシステムSakuraが掲載されました。

 

IT製品の比較・資料請求サイト「ITトレンド」において「コールセンターシステム」部門に掲載されました。

2016年10月12日(水)

ITのトレンド製品が掲載されているITトレンドにSakura CTIが掲載されました。

 

IT製品の比較・資料請求サイト「ITトレンド」において「CTI」部門に掲載されました。

2016年10月12日(水)

こんなの作ってみた【数値のカンマ区切り】

 

金額

 

業務アプリで数値を扱うと、数値にカンマを付けたり外したりということはよくあることかと思います。

 

【正規表現を使用したカンマ編集】

function addCommas(nStr) {
  return String(nStr).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,');
}

と、ここまでは従来通りの方法。

最近知った方法ですが、toLocaleString()メソッドを使用することで、

簡単にカンマ編集ができるようです。

 

toLocaleString()メソッドでのカンマ編集

function addCommas(nStr) {
  return Number(nStr).toLocaleString();
}

※注toLocaleString()メソッドはIE11、Crome24からのサポートとなっているようなので、

   使用する際はご注意を。。。

 

2016年06月03日(金)

【intra-mart】よく聞く事例のトラブルシューティング_②

 

今回の内容は、intra-mart製品の問合せ内容でありがちだった事例に対する
トラブルシューティング内容の紹介その②になります。
製品バージョンは以下の環境が該当しますので、参考として頂ければと思います。

・intra-mart Accel Platform

 

○問合せ内容の事例
 ・intra-mart APの設定ファイルを変更し、サーバの再起動を実施したところ
  関連する機能が正常に動作しなくなってしまった。


 ・設定ファイルの変更に関しては、製品マニュアルに沿って変更したので
  フォーマット不正等のエラーは発生しないと認識している。


 ・変更前の設定ファイルに関しては、バックアップとして、
  同一フォルダ内に、 以下のようなファイル名で保存している。
  バックアップファイル名)
  im_master_バックアップ.xml

 

○解決策
当該フォルダ配下の拡張子を認識し、バックアップファイルの設定も含めて
認識したことが原因と考えられます。
今回の事象のように、intra-mart製品においては、製品内で取決められているルートパス配下に
存在する[任意のファイル名.拡張子]を認識・取込みするケースが多く存在しますので
同一フォルダ配下にバックアップファイルを取得する場合は
拡張子の変更を実施していただく事を推奨致します。


バックアップファイルの命名例)
im_master.xml.バックアップ

 

2016年06月03日(金)

Page 1 of 41234

テレマーケティングシステムsakuraトライアル

コールセンターシステム sakuraCTI

資料請求

お問合わせ

コラム

用語集

開発者ブログ

イントラマート

Sakuraテレマーケティングシステム

 

 

営業リスト

インフラソリューションのご案内

導入事例

テレアポノウハウ本プレゼントキャンペーン

認証マーク

アースリンクは
プライバシーマークを
取得しています。

プライバシーポリシー


SSLとは?

当サイトでは、実在性の証明とプライバシー 保護のためSSLサーバ証明書を使用しSSL 暗号化通信を実現しています。

このページの先頭へ