インサイドセールス特化型
クラウドサービス
Sakura outbound/CTI

『効率的なコール業務』と『感覚に頼らない管理』を実現するマネジメントツール

Sakura outbound

Sakura outbound

SalesforceのAppexchangeアプリケーション。インサイドセールスにおける見込み顧客の育成や次のアクションを簡単かつ効果的に実施します。商談アポを創出するための支援ツールとなります。

Sakura outboundの特徴

操作が簡単

必要な情報を一画面に集約、直観的使えるので操作が簡単。操作説明時間の短縮で業務効率UP

リードナーチャリングの実現

フェーズ管理により、リードを段階的に引き上げることで商談創出に導きます。

ネクストアクションを支援

再コール日時やmailでのコンタクトメールを設定しておくことで次のアクションを確実に実施することが可能

成功パターンの共有

音声データが自動録音されるため、トークの質をマネジメントする事やノウハウの共有を実現できます

Salesforceとの親和性

SalesforceのAppexchangeアプリとなるため、Salesforceに登録されたデータや機能と完全互換します

Sakura CTI

Sakura CTI

パソコンからの電話の受発信を実現するためのクラウドサービス。電話番号のクリック発信、着信ポップアップやモニタリング、音声録音などインサイドセールスの効率化を実現します。

Sakura CTIの特徴

CTI機能一覧

Salesforceと連携して電話番号の「クリック発信」や活動履歴からの「録音再生」等、様々な機能が利用可能。
インサイドセールスの業務効率向上を支援します。

クリック発信
お客様の電話番号をクリックすると電話発信ができます。コールの効率化、打ち間違え防止になります。
通話録音
音声録音でトーク展開や成功パターンの共有を実現。コール担当者育成やセールスとの連携を支援します。
モニタリング
通話中のお客様とコール担当者の会話をリアルタイムで聞くことが可能。コール担当者の指導に最適です。
ウィスパリング
通話中のお客様とオペレータの会話を聞くことができ、オペレータにだけ話をすることができます。
IVR(自動音声応答)
煩雑な受電業務の効率化を実現可能。音声ガイダンスによるナビゲーション機能をご利用頂けます。
着信ポップアップ
Salesforceに登録されたリードや取引先と連携をすることで、着信時にお客様名がポップアップ表示されます。

簡単操作

直感的で見やすい色・文字サイズ、パネルサイズもゆとりを持った大きさで誰でも簡単に操作が可能。

『通常時』のCTIパネル
見やすい色・文字サイズ、パネルサイズもゆとりを持った大きさで誰でも簡単に操作可能
『着信時』のCTIパネル
着信すると、対象データをポップアップ表示。どこからの電話なのか瞬時に把握
『通話時』のCTIパネル
通話終了後、パネル上で関連先データに紐付け、コメントもその場で入力し活動履歴に登録

育成支援

Salesforceと連携して電話番号の「クリック発信」や活動履歴からの「録音再生」等、様々な機能が利用可能。
インサイドセールスの業務効率向上を支援します。

推奨環境❶

Sakura CTIはIPネットワークを使用するサービスのため、お客さまネットワークやインターネット等の混雑状況により音声品質が不安定になることがあります。安定した通信品質のために以下の環境でのご利用を推奨します。

①アクセス回線

お客さまの拠点でご利用になるアクセス回線については、法人向けの『光ファイバー回線』を推奨環境としております。
ウェブ閲覧・メール送受信などのデータ通信と併用される場合、それらの通信に起因する帯域圧迫や音声パケットの遅延に加え、その結果としての音声品質の劣化の可能性がありますので、通話専用に回線を用意されることを推奨しております。

②ネットワーク構成

お客さまのオフィス内ネットワーク環境は、SakuraCTI専用のネットワークとして構築されることを推奨いたします。
ウェブ閲覧・メール送受信などのデータ通信と併用する場合は、ルータ・スイッチ・ハブ等のネットワーク機器で音声パケットの処理を優先的に行う『QoS設定』を行うことを強く推奨いたします。
SakuraCTIの通信に必要なポートやプロトコルが使用できるようネットワーク機器(ルータ・ファイアウォール)に設定を行う必要があります。
無線LANは非推奨環境です。有線LANをご利用ください。
音声データ通信は通常のデータ通信よりもネットワーク機器に多くの負荷がかかるため、現在ご利用のルータ・スイッチ・ハブ等では処理能力が不足する場合があります。お使いの機器や導入を検討している機器の処理能力がSakuraCTIでの利用に適しているかに関しては、ご購入前に必ずお問い合わせください。

推奨環境❷

種類メーカーサービス名
アクセス回線NTTCommunicationsOCN光サービス
USEN光ビジネスアクセス
種類メーカー商品画像
ネットワーク構成YAMAHARTX1210RTX1210
種類商品
パソコン・周辺機器OSMicrosoft Windows10(64bit)
CPUDualCore以上(Core-i3/5/7以上)
メモリWindows 10 :8GB以上(その他アプリケーションの利用状況により異なります)
ヘッドセットゼンハイザー SC 30 USB CTRL/ゼンハイザー SC 230 USB
IP電話機Panasonic KX-UT123N
KX-UT123N用ACアダプタ(PoEスイッチをご利用にならない場合に必要です)

ネットワーク設定に関して

■帯域に関して

□ 1通話あたり0.25Mbpsの帯域が必要となります。 例)10内線の場合、0.25Mbps * 10 = 2.5Mbpsとなり3Mbpsを「安定して」「遅延なく」利用できる必要があります。
□ ファイルサーバーなどの利用で常に帯域を占めている場合、音声通話に支障が出る場合がございます。
Sakura CTIのご利用中は利用を停止頂くか、別ネットワークでの利用を検討下さい。

■有線LAN接続 推奨

□ 無線LANでも接続は出来ますが無線環境やネットワーク機器のスペックによりノイズ、通話の切断などの事象が発生する場合がございます。

■ルーターやファイアウォール関連の設定に関して

□ ルーターはQoS対応で接続人数に合ったスペックの機材を推奨します。
  動作検証済み機材:YAMAHA RTX1210
□ QoS設定の有効化を強く推奨します。
□ ハブはQoS対応のスイッチングハブを推奨します。
□ ルーターやファイアウォール等の設定にあたっては、以下を通信を許可してください。
・UDPポート5062宛の通信およびその戻りパケット
・UDPポート10000~20000宛の通信およびその戻りパケット
□ 内線端末はNATの内側でも大丈夫ですが、NATテーブルの保持期間が極端に短いと、着信等に不都合が発生してしまうことがあります
(少なくとも1分間程度以上は保持するようにしてください)

Contact
お問い合わせ

電話番号0120 - 889 - 236
受付時間:平日 9:00-18:00