Engineer Blog開発者ブログ

2020.6.18

IM-BISの要注意制限事項

 

IM-BIS同梱済のソリューションを利用するシステムの場合、大概のケースで 外部連携機能を利用することになると思いますが、製品リリースノート内には個人的に

留意頂きたい制限事項がありますので、今回はこちらを紹介させて頂きました。

 

IM-BIS の外部連携で利用するデータソース定義やフォーム等の設定項目には禁則文字があります

IM-BIS の外部連携で利用するデータソース定義やフォーム等の設定項目には禁則文字があります。
以下のような特殊な文字を使用している場合、外部連携の設定が行えない、または、実行時に正常に動作しません。

■対象設定項目
・データソース定義の名称
・データソース定義のリクエストパラメータ、レスポンスフィールド名
・画面アイテムのプロパティ(ラベル、アイテム名、列名)
・フォーム名
・BIS名

■禁則対象文字

・半角文字
 (){}[].:"<>
・全角文字
 +-×÷║
 

私が実際ハマってしまった事例ですが、画面アイテム内のアイテム名に該当する禁則文字が

含まれてしまっていたため、いざ外部連携を定義するタイミングにて、指定することができませんでした。

ここでやっかいなのは、禁則文字自体はアイテム名にて普通に指定・入力可能であり、フォームの保存も

可能というところです。

 

リリースノートへの記載事項のため、初歩的なミスといったところかもしれませんが

製品動作的には微妙とも思える事象と考えられるため、BISを利用したソリューション開発の際は

皆様もご留意頂ければと思います。

 

Contact
お問い合わせ

電話番号0120 - 889 - 236
受付時間:平日 9:00-18:00