Engineer Blog開発者ブログ

2020.5.19

【intra-mart】【SQL】ユーザ情報の取得

 今回ご紹介するのは、intra-mart既存のテーブルより”ユーザ情報”を取得する方法になります。

 通常、直接検索することは少ないかもしれませんが、覚えておくと便利です。

 

主要となるのは以下のテーブルになります。

 ・IMM_USER  (ユーザ情報)

 ・B_M_ACCOUNT_B  (アカウント)

 ・B_M_ACCOUNT_THEME  (アカウントテーマ)

 

 

■実行SQL  ・以下の例では、現在有効なユーザ・アカウント情報を取得しています。

SELECT
  IMM_USER.USER_CD                -- ユーザコード
  , IMM_USER.USER_NAME            -- ユーザ名
  , IMM_USER.START_DATE           -- 有効期間開始日
  , IMM_USER.END_DATE             -- 有効期間終了日
  , IMM_USER.SEX                  -- 性別
  , IMM_USER.ZIP_CODE             -- 郵便番号
  , IMM_USER.ADDRESS1             -- 住所
  , IMM_USER.TELEPHONE_NUMBER     -- 電話番号
  , IMM_USER.FAX_NUMBER           -- FAX番号
  , IMM_USER.EMAIL_ADDRESS1       -- メールアドレス
  , IMM_USER.URL                  -- URL
  , B_M_ACCOUNT_B.TIME_ZONE_ID    -- タイムゾーン
  , B_M_ACCOUNT_B.CALENDAR_ID     -- カレンダーID
  , B_M_ACCOUNT_B.NOTES           -- 備考
  , B_M_ACCOUNT_THEME.THEME_ID    -- テーマID
FROM
  IMM_USER 
  LEFT OUTER JOIN B_M_ACCOUNT_B 
    ON IMM_USER.USER_CD = B_M_ACCOUNT_B.USER_CD 
    AND IMM_USER.LOCALE_ID = B_M_ACCOUNT_B.LOCALE_ID 
  LEFT OUTER JOIN B_M_ACCOUNT_THEME 
    ON IMM_USER.USER_CD = B_M_ACCOUNT_THEME.USER_CD 
WHERE
  SYSDATE BETWEEN IMM_USER.START_DATE AND IMM_USER.END_DATE  -- 現在有効な期間
  AND IMM_USER.LOCALE_ID = 'ja'
  AND IMM_USER.DELETE_FLAG = '0'

 

他にも関連するテーブルはありますが、探す場合は「IMM_USER_○○」や「B_M_ACCOUNT_○○」で調べてみて下さい。

また、intra-martの製品情報サイトにてintra-mart Accel Platform (iAP) のテーブル定義情報も公開されていますので、

こちらから調べてみるのも良いかもしれません。

 

それではまた次回。。。(^^)/~~

 

Contact
お問い合わせ

電話番号0120 - 889 - 236
受付時間:平日 9:00-18:00