Engineer Blog開発者ブログ

2020.9.1

【intra-mart】【IM-WorkFlow】IM-WFテーブル構成について

今回ご紹介するの"IM-Workflow"のテーブル構成についてになります。

現在、"IM-Workflow"関係のテーブルは100以上あります。

全部のテーブル構成を把握しようとすると、さすがに難しいので、
大きく3つの分類に分けて説明したいと思います。

1つ目は、"IM-Workflow"のマスタ系テーブル。
・コンテンツ定義、ルート定義、フロー定義などワークフロー設定を行った際に登録されるテーブルになります。

これらのテーブルは、"IMW_M_"から始まるテーブル名となります。


2つ目は、未完了案件のデータを保存するトランザクションテーブルになります。
・申請、承認中、再申請の案件情報を保持しています。

これらのテーブルは、"IMW_T_ACTV_"から始まるテーブル名となります。


3つ目は、完了案件のデータを保存するトランザクションテーブルになります。
・完了した案件情報を保持しています。

これらのテーブルは、"IMW_T_CPL_"から始まるテーブル名となります。
完了案件情報が作成される際、"IMW_T_ACTV_"関連のテーブルから同じシステム案件番号を持つデータが削除されます。


細かく分けていくと"アーカイブ情報"や"ユーザデータ"などありますが、詳細は以下のIMの製品情報サイトをご参照下さい。


■IM-Workflow ER図[論理モデル]

https://www.intra-mart.jp/document/library/iap/public/im_workflow/im_workflow_er/im_workflow_logical_er.png

■IM-Workflow ER図[物理モデル]

https://www.intra-mart.jp/document/library/iap/public/im_workflow/im_workflow_er/im_workflow_physical_er.png

 

それではまた次回。。。(^^)/~~
 

Contact
お問い合わせ

電話番号0120 - 889 - 236
受付時間:平日 9:00-18:00