Engineer Blog開発者ブログ

2020.11.4

【intra-mart】【IM-WorkFlow】IM-WFのテーブルについて

今回は、現場の後輩に聞かれた質問をご紹介しようと思います。

聞かれた質問は、以下3つのIM-WorkFlowテーブルの違いは何か?と言ったものです。

① IMW_T_ACTV_TASK
② IMW_TCPL_TASK
③ IMW_T_CPL_MATTER_TASK


私自身も、『これが完璧な答えだ』とは言えませんが、
各テーブルの違いは以下の通りになります。

① IMW_T_ACTV_TASK(未完了案件未完了タスクテーブル)
  ⇒未完了案件の処理待ちなっているノードのタスク情報が登録されている。
   画面だと、『未処理案件一覧』の情報を出力しています。


② IMW_TCPL_TASK(未完了案件完了タスクテーブル)
  ⇒未完了案件の処理済みとなっているノードのタスク情報が登録されている。
   画面だと、『処理済み案件一覧(未完了案件)』の情報を出力しています。
   
③ IMW_T_CPL_MATTER_TASK(完了案件タスクテーブル)
  ⇒完了案件のノードのタスク情報が登録されている。
   画面だと、『処理済み案件一覧(完了案件)』の情報を出力しています。

※各一覧の出力項目としては、「ノードID」、「ステータス」、「到達時間」、「処理時間」などが該当しています。


以上になります。

通常は直接操作するようなテーブルではないので、あまり深く理解していなくても利用できますが、
もっと細かく調べたい方は、IMの製品情報サイトやAPIなどを参照して見てください。


それでは(^^)/~~~
 

Contact
お問い合わせ

電話番号0120 - 889 - 236
受付時間:平日 9:00-18:00